カテゴリ:*travel Thai?アユタヤ*( 2 )

義両親来タイ

ダンナさんのご両親来タイで、
ブログが滞っておりました~!にもかかわらず毎日たくさんのご訪問ありがとうございます。元気だよ~^^

1週間の滞在の後、無事に本日帰国。 いつものバンコクライフが戻ってきました。
結婚後こんなに長く一緒にいたのは初めてです!

なんだか今週の初めごろからちょっと暑くなってきたバンコク。
もう乾季は終わりなのかな~?と思うとまた涼しかったり…
観光ベストシーズンにバンコク市内やアユタヤ、水上マーケット、ゴルフに中華街などなど
いろんなところを観てもらいました。

中でも私たちの生活ぶりを見てもらえたのが一番よかったと思われる今回の来タイ^^ 
テレビの向こうで赤シャツの騒ぎを見て不安だったであろう義両親も
図太くなって意外とこちらの生活をしっかり楽しんでいる息子夫婦の姿を目にして
安心してくれたようです。

モモ太は1年半ぶりに義両親と再会。
義父に一番なついているモモ太^^ 
a0122532_147466.jpg

いっぱい義父母に遊んでもらってとってもうれしそうでした^^

義両親と4人で行ったアユタヤは1年4カ月ぶり^^
a0122532_1281688.jpg

前回来た時よりも、ちょっと窮屈そう?とか
a0122532_225152.jpg

ガイドさんが違うと、
説明次第で遺跡なども全然見え方が変わってくるなぁと思いながら歩きましたが、
やっぱりアユタヤ、私、結構好きです。

a0122532_1285132.jpg


なんでかな~?空気?雰囲気?

同じコースでも、新発見はあるもの。
園芸が趣味の義父と一緒に歩いたため、
鮮やかな色のお花や、木々の緑がいつも以上に目に飛び込んできて、楽しかった^^
a0122532_1301358.jpg

さすが、視点が違うと見つけるのも速いっ!
a0122532_132227.jpg

小さなものも、片隅にあるようなものでも、
a0122532_14740100.jpg

高ーいところにあるモノでも 
a0122532_148144.jpg

次々に見つけては、
a0122532_1324634.jpg

おぉ~!と花々を観て嬉しそうに味わっていました^^ 遺跡も花木もいっぱいあるのです、アユタヤ。
a0122532_1335388.jpg

その中でもやっぱり南国らしいプルメリアが一番好きだった様子。
a0122532_1332937.jpg


タイに引っ越してきて約1年半。
生活にも慣れて、バンコクライフが自分にとってごく普通の当たり前の日々になりつつあったけど、
この期間限定のバンコク生活、
自分の“人生”の中で
とってもとっても貴重な時間なんだなぁとつくづく実感しました。

a0122532_1354414.jpg

自分たちの生まれ育った日本とは、
言葉も文化・風習も味などいろんな感覚が違う国、大気汚染に、強烈な紫外線に、治安に…
いろんな違いはあるけれど、
若いうちに海外に出る機会に恵まれて、
いろんな人種、文化、風習に触れることができていること、
たくさんの人と出逢って、刺激を受けて、
視野を広げられること、
喜怒哀楽、さまざまな経験を積むことができることって
とっても幸せなことなんだ、
バンコクでも毎日元気に笑って生活できていることって、
実は結構すごいことなんだ~!と気づかせてもらいました。

a0122532_1361733.jpg


この地で、いろんなことを感じて、学んで、味わって…
バンコクから本帰国するとき、
今までよりももっともっと人の気持ちを理解してあげられる
心の優しい女性になっていられたらいいなぁ。

a0122532_13783.jpg


ほっと一息ついた帰りの車中で、
長い間、一生懸命主人を育ててくれた義両親、
これからもいっぱい旅行や趣味を楽しんでほしいなぁと思いました。

みんな仲良く元気なのが一番!

心身ともに健やかでいられることに感謝して、
1日1日楽しむぞ~(^o^)丿
[PR]
by taeco0323 | 2011-01-27 23:22 | *travel Thai❤アユタヤ* | Comments(2)

アユタヤ観光へ~^^

ゴマっ子来タイ2日目は、
午後から合流して、(午前中、彼女たちは市内観光)
アユタヤに行ってきました(^O^)/

バンコクから北へおよそ80キロ、
車を1時間ほど走らせるとそこはもう別世界です。

高層ビルと車とバイク、人であふれかえっている大都会バンコクとは
うってかわって、のんびりした雰囲気のアユタヤ。

世界文化遺産に登録された古都。
多くの観光客が訪れるこの土地には
かつてアユタヤ王国として、各国とも外交関係を結び、
417年の歴史を築いた国際都市の栄枯盛衰の跡が残されています。

まず、向かったのが、「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」
a0122532_15363089.jpg

アユタヤにもたくさんいらっしゃる大涅槃仏。
仏さま、大きいです~!

そして、仏さまには100以上の(忘れました。。。)ポーズがあって、
日曜日から土曜日までのポーズも決まっています。
a0122532_15371239.jpg

私は日曜日生まれ。日曜日はこのポーズ。
a0122532_15373667.jpg

仏像の前にともされている炎に油をかけるのかな?健康を願ってお参りをします。

この寺院のシンボルは、塔の先端のとがったスリランカ様式の高さ72メートルの大仏塔。
a0122532_15393640.jpg

アユタヤで2番目に高い仏塔です。

階段を上ると礼拝堂の中を見れたり、アユタヤ市街を見渡せるのですが...
a0122532_15401055.jpg

この階段、かなり急~!!!
運動不足な私は、この昇降で見事に筋肉痛になりました(汗)

お次は、
「ワット・マハータート」

さっきの寺院は塔の先端が尖った、スリランカ・インド様式の仏塔でしたが、
こちらはカンボジアの流れをくむ様式。
a0122532_1546368.jpg

どことなくアンコールワットに似ています。
a0122532_1547776.jpg

ひとつひとつれんがを積み上げて造られている塔。歴史を感じます。
なんだかジブリに出てきそう^^

a0122532_15495663.jpg

歩いていると木の上をリスが走り回っていたり。
仏像の肩に鳥がとまっていたり。

王国時代の“時”は止まっても、
むごい、悲しい歴史を乗り越えて、
生命は息づいているんだなぁと
小さな動物たちを見て思いました。

a0122532_1555174.jpg

塔が傾いているのわかりますか?

そして、見たことのある人も多いのでは?
頭部だけが切り取られた仏像の頭を木の根が守るようにしているこちら。

a0122532_1545378.jpg

写真を撮るときは、座って、仏様より低くならなくてはいけません。

やっと見れた~!
ずっと見てみたかったので、うれしかったです。


実物は想像よりも小さなものでしたが、
悲しい歴史、ちっぽけな人間の愚かさ、自然のあたたかさ、力強さ、大きさを感じました。
おろかな人間の行いをも包み込んでいるかのような、その姿で戒めているような。
長い長い年月をかけ、自然の力が成し得た神秘的な姿。
とにかくこの目で見れてよかった!

次は、ついにゾウさん~!
a0122532_15514853.jpg

ゾウ乗りです♪
a0122532_15523437.jpg


私たちののったゾウさんは、
つたないタイ語で聞いたら、22歳だそうです。
象使いの足の合図通りにのっしのっし歩くゾウさん。

ごわごわかたいお肌はあったかくて、
果物をあげようと手をさしのべると、
びろーんと伸びた長ーいお鼻は、ものすごい吸引力でした^^;

「ワット・プラ・シー・サンペット」王室の守護寺院。
3人の王様の遺骨がおさめられています。
a0122532_1621212.jpg


a0122532_15541378.jpg

遺跡の中を歩けるのですが、階段を上ると段差がすごい~!
昔の人は足が長かったのかな?と思えるくらいの段差。王様を敬う気持ちが表れています。

最後は、「ワット・ロカヤスタ」
広々とした草原に突如、どどーんと横たわった仏さまが!
a0122532_15544667.jpg

全長28メートル。悠然と空を見上げながら横たわっています。

そして、きょうは終了~!とバスに乗り込んだら、雨がポツリポツリ。
降り始めました。
濡れずに全行程終わって、ラッキー!

帰りのバスでも、日本では見たことないような雲の表情、
迫りくる暗雲や雷といった雨季のバンコクを見てもらいながら(笑)
いーっぱい語って帰ってきました。

バンコク市内のキンキラキン☆の寺院とはまた別の魅力たっぷりのアユタヤ。
大満喫\(^o^)/ 楽しかったぁ!!

さぁ、これだけ炎天下を歩きまわったら・・・
必要なのは??

次に続きます^^
[PR]
by taeco0323 | 2009-09-26 15:34 | *travel Thai❤アユタヤ* | Comments(4)