味わいながら振り返る*

モモじろうのお誕生日という
大切な記念日が新たに加わったわが家。
お祝い膳を、ご近所の割烹でいただいてきました^^
a0122532_1629480.jpg

お出汁や素材の味を存分に感じる
ひとつひとつ丁寧に手間ひまかけてつくられた
お料理。久しぶりにじっくりと味わえました。
もちろん、動き回るようになっているモモじろうは
パパママの間を行ったり来たりしながらですが 笑
おりこうさんにしてくれていたので、えらかった!

デザートに添えられたフルーツはモモじろうももう食べられる^^
成長を感じます。
食べておなかも満たされたらモモじろう、お昼寝 笑

なので、私たちは、コーヒータイム*ありがとう!モモじろう^^
a0122532_1155473.jpg

かわいいおやつセットをいただきながら1年前を振り返る^^
a0122532_11555610.jpg


予定日当日(40w0d)の未明。
日付が変わってすぐにおしるしがあって、
夜が開けるまでの間に
どんどんおなかが痛くなってきて、
朝8時すぎ、産院に電話。
出勤するダンナさんに一緒に送ってもらってNST、診察。

NST中にご一緒した他の妊婦さんの時と看護師さんの反応が鈍いな〜と思っていたら(笑)
院長先生、診察で一言。
「まだですね」

えー?!こんなに痛いのに?!

「今まで前駆陣痛も何もなかったから、ビックリしているんでしょう。
まだ子宮口も開いていないし、下がりきっていないよ^^
いい練習だね、練習練習♪
一度ご帰宅されていいですよ。
気をつけてくださいね。また何かあったら遠慮せずにすぐに教えてくださいね^^」

先生、口調は優しいけど。。。
えー?!今までも帰っていくおなかの大きな大きな臨月妊婦さんを
待合室で見たことはあったけれど
まさか、私もかえされるとは^^;

ダンナさんは仕事に行っているので、
大きな入院準備荷物は産院に預けてから
ひとりドキドキ、そして、おなか痛い〜!と思いながらタクシーに乗って帰宅。
体重管理頑張ってきたけど、ここまで来たら甘いもの食べちゃうもんね〜!と
ちゃっかり大福を買ってた私。笑

そこから10時間。20時すぎにダンナさんが帰ってくるまで
ひたすらベッドで、アプリの陣痛カウントを押しまくりながら
痛みに耐えました。モモ太が横にいてくれてどんなに精神的に救われたことか。

20時。
ダンナさんからの帰るコールと同時に、気が緩んだのか?
いよいよ痛みの強さが違う気がするー!と半泣き状態。
病院に電話してみたら
「とりあえず、晩ご飯食べていらした方が良さそうです」と看護師さん。

まだか〜まだなのか〜!!!

とりあえず、アドバイスに従い、
ダンナさんにモスで買ってきてもらい、痛みの合間に口に押し込む!笑

ふらふらになりながら、もう一度電話。
10分間隔はとうにきっている。5分間隔くらいだけど、ばらつきがある感じ。
モモ太に頑張ってくるからね!ペットホテルでいい子にしててね!と息も絶え絶え言い残し
いざ産院へ。

産院到着22:30。
内診して見ると
「子宮口3センチ開いていますね。入院しましょう」

こころの中で、やった!とガッツポーズ 笑
入院するのが嬉しいと感じたのはきっと後にも先にもこの時だけでしょう。

予定日当日の1日は非常に長い24時間。。。
でしたが、まだまだ続くのです、この痛み^^; あぁぁぁぁぁ〜。
つづく。
[PR]
by taeco0323 | 2016-03-14 11:50 | Comments(0)